2020年01月01日一覧

海外FX比較|デモトレードをスタートするという時点では…。

日本の銀行と比べて、海外の銀行金利の方が高いということがあって、スワップ金利がもらえるわけです。海外のスワップ金利と日本のスワップ金利の差が、FXをする時に獲得するスワップ金利です。スキャルピングという取引方法は、どっちかと言うとイメージしやすい中期~長期の世の中の変化などは看過し、一か八かの勝負を間髪入れずに、かつ止めどなくやり続けるというようなものだと思っています。トレードのやり方として、「為替が一定の方向に動く短時間の間に、少なくてもいいから利益をちゃんと稼ごう」というのがスキャルピングというトレード法というわけです。デモトレードをスタートするという時点では、FXに絶対に必要な証拠金がデモ口座(仮想口座)に、数百万円という金額の仮想通貨として準備.......

スマホでトレード海外FX|スイングトレードと言いますのは…。

通常、本番トレード環境とデモトレード環境を海外 FX 比較ランキングで比較検討してみると、前者の方が「それぞれのトレードあたり1pips程収益が減る」と想定していた方がいいでしょう。テクニカル分析をする場合、やり方としては大別してふた通りあります。チャートに示された内容を「人の目で分析する」というものと、「分析専用プログラムが独自に分析する」というものになります。スプレッドという“手数料”は、その辺の金融商品と比べると、信じられないくらい安いのです。正直に申し上げて、株式投資などは100万円以上の取り引きをしますと、1000円くらいは売買手数料を払うことになります。FXが老いも若きも関係なくあれよあれよという間に広まった素因の1つが、売買手数料の安さに.......